11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 続・崩れゆく墓標 : main : 託された夢とともに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
再びの「闇」へ 【其の壱】
ジャーナリストならぬ御用新聞/御用学者どもが早速小躍りしている。保守反動/右翼メディアは「顔が見えない」と野次っていた己らの醜態を自省もせず、掌を返したように安倍政権の賛美記事をしばらくは載せ続け、卑劣政権を更なる暴政に煽り立てるべく剥き出しの国粋主義/大衆蔑視の論調をもって糞デマゴギー全開の一大キャンペーンを繰り広げるだろう。

以下は其の一例だ。極右政権が幾ら表面を飾ろうとも、狂喜乱舞して馬鹿ヅラを晒す奴らの文言を拾い出せば、真正の売国奴どもの「狙い」が何処にあるのかは明らかといえよう。

編集手帳

戦時中、黒沢明監督がシナリオを書き、映画化されなかった作品に「サンパギタの花」がある。内務省の検閲に引っかかった。自伝「蝦蟇の油」に書いている◆登場人物が誕生日を祝うシーンがあり、「米英的で、けしからん」と検閲官に難詰された。天皇陛下の誕生日をお祝いする天長節も米英的ですか? 反論したが、「不可」の決定は覆らなかったという◆この頑迷な検閲官氏を、戦後の日本人が笑えるかどうかは分からない。かつて米英的なにおいのするものを十把ひとからげに忌避したように、わずかでも戦前のにおいのするものを自己検閲によって封印してきた戦後の歩みがある◆「終戦の日の青空のなかに私たちは忘れ物をした」と語ったのは作家の久世光彦さんだった。忘れ物――「国を愛する心」や「国を守る備え」を説く声が、軍国主義の復活だ、戦前回帰だ、という批判にかき消された61年間である◆戦後の日本は平和のおかげで復興し、いまの繁栄を手にした。誰よりも平和のありがたみを知り、かつての軍国主義が二度と手にしてはならぬ危険な廃棄物であることを知っている。忘れ物探しの旅に出て、廃棄物と忘れ物を混同することはもはやあり得ない◆教育基本法の改正も、防衛庁の「省」昇格も、自己検閲に別れを告げる一歩だろう。旅の始まりである。【読売新聞 2006.12.16】


何が、「忘れ物探しの旅」なのか。
何が、「旅の始まり」なのか。嗤わせるな。
貧困な表現しか出来ないのなら、「国家を守れ」「国家の為に死ね」と素直にほざいたらどうだ。しかも「平和のおかげで復興した」などと、対米追随一辺倒による屍の山の上に為した恥ずべき「戦争成金」国家でしかない此の国の有り様を、平然と捩曲げる愚劣ぶりは悲惨としかいいようがない。

どうやら、ジャーナリズムも死につつあるらしい。
先の侵略戦争に於いて、率先して大衆を煽動し、未曾有の惨禍に加担した己らの重大なる「責任」こそ、自称ジャーナリストたちの「忘れ物」であろう。この卑しい新聞社は、再びの地獄への「旅の始まり」を宣言したに等しい。

リベラルを気取る「天下の大新聞」の「本質」など、所詮この程度の「大勢翼賛」主義に蝕まれたものに過ぎない。
更に「社説」となると、其のボルテージは一気に加速する。

[教育基本法改正]「さらなる国民論議の契機に」

教育基本法が一新された。1947年(昭和22年)の制定から60年、初めての改正だ。「教育の憲法」の生まれ変わりは新しい日本の教育の幕開けを意味する。この歴史的転換点を、国民全体で教育のあり方を考えるきっかけとしたい。

見直しの必要性を説く声は制定の直後からあった。そのたびに左派勢力の「教育勅語、軍国主義の復活だ」といった中傷にさらされ、議論すらタブー視される不幸な時代が長く続いた。流れを変えた要因の一つは、近年の教育の荒廃だった。いじめや校内暴力で学校が荒れ、子どもたちが学ぶ意欲を失いかけている。地域や家庭の教育力も低下している。
現行基本法が個人・個性重視に偏りすぎているため、「公共の精神」や「規律」「道徳心」が軽視されて自己中心的な考え方が広まったのではないか。新たに家庭教育や幼児期教育、生涯教育などについて時代に合った理念を条文に盛り込む必要があるのではないか。そうした指摘が説得力を持つようになってきた。

改正論議に道筋をつけたのは2000年末、首相の私的諮問機関「教育改革国民会議」が出した報告書だった。基本法見直しが初めて、正式に提言された。これを受け、中央教育審議会が「新しい時代にふさわしい」基本法の在り方などを答申。与党内でも改正に向けた検討が本格化し、ようやく今年4月、政府の全面的な改正案が国会に提出された。

◆6年にわたる改正論議

この6年、基本法改正については様々な角度から検討され、十分な論議が続けられてきたと言っていいだろう。その中には「愛国心」をめぐる、不毛な論争もあった。
条文に愛国心を盛り込むことに、左派勢力は「愛国心の強制につながり、戦争をする国を支える日本人をつくる」などと反対してきた。平和国家を築き上げた今の日本で、自分たちが住む国を愛し、大切に思う気持ちが、どうして他国と戦争するというゆがんだ発想になるのだろう。
基本法の改正を「改悪」と罵り、阻止するための道具に使ったにすぎない。
この問題は、民主党が独自の日本国教育基本法案の前文に「日本を愛する心を涵養し」と明記したことで決着した感がある。政府法案は「教育の目標」の条文中に「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する…態度を養う」と入れた。むしろ民主党案の方が直接的で素直な表現だった。
ともあれ、改正基本法の成立を歓迎したい。その精神にのっとって、日本の歴史や伝統、文化を尊重し、国を愛する心を育てるような教育が行われることが期待される。さらに家庭、地域での教育も充実されて、次代を担う子どもや若者たちが、日本人として誇りを持って育っていってほしい。

◆関連する課題は多い

そのために文部科学省など政府が取り組むべき課題は山積している。
まずは学習指導要領や学校教育法など関係法規の見直しである。指導要領は、改正基本法に愛国心や伝統・文化の尊重、公共の精神などが盛られたことで、社会科や道徳の指導内容が変わってくる可能性がある。愛国心などの諸価値は、どれも国民として大切なものだ。子どもたちの白紙の心に、正しくしっかりと教えてもらいたい。
「学力低下」の懸念から、授業時間数や教える内容を増やす必要性も叫ばれている。高校の「必修逃れ」問題では、指導要領の必修科目の設定が今のままで良いのか、といった議論も起きている。小学校の英語「必修化」論議など暫時“保留”になっていた指導要領絡みの施策の検討が一斉に動き出すだろう。学校制度の基準を定めた学校教育法の改正、教育委員会について定めた地方教育行政組織運営法、教員の免許法などの見直しも必要だ。安倍首相直属の「教育再生会議」でも検討している。
もう一つの課題は、国と地方が役割分担を明確にし、計画的に教育施策を進めていくための「教育振興基本計画」の策定である。

◆国と地方の役割示せ

「全国学力テストを実施し、指導要領改善を図る」「いじめ、校内暴力の『5年間で半減』を目指す」「司法教育を充実させ、子どもを自由で公正な社会の責任ある形成者に育てる」――計画に盛り込む政策目標案を、中教審もすでに、いくつか具体的に例示している。
国が大枠の方針を示すことは公教育の底上げの意味でも必要だ。同時に、学校や地域の創意工夫の芽が摘まれることのないよう、現場の裁量の範囲を広げる施策も充実させてほしい。焦る必要はないだろう。教育は「国家百年の計」である。国民の教育への関心もかつてないほどに高い。教育再生会議などの提言も聞きながら、じっくりと新しい日本の教育の将来像を練り上げてもらいたい。【読売新聞 2006.12.16】


何度読み返しても、酷い内容である。一言一句そのままに愚劣与党の糞プロパガンダとして提示しても充分通用しそうではないか。此処には批判精神など微塵もありはしない。しみったれた自己憐憫があるだけだ。
「子どもたちの白紙の心」に刻まれるのは、腐敗した此の世の「闇」のみであろう。

改正基本法の成立を歓迎したい。その精神にのっとって、日本の歴史や伝統、文化を尊重し、国を愛する心を育てるような教育が行われることが期待される。さらに家庭、地域での教育も充実されて、次代を担う子どもや若者たちが、日本人として誇りを持って育っていってほしい。


こういう記事を呑気に書ける人間こそ、「愛情」や「誇り」など欠けらも無い輩であることは自明である。

何度でも云うが、一切を拒否する。

【この項続く】

Existenzialismus : comments(2) : trackbacks(1) : kikyo
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
読むほどに気分の悪くなる編集手帳&社説ですね。何とも健康に悪い文章。

ところで例のUTSのコラムですが、くじ引きしたらkikyoさん12月25日になりました。大丈夫でしょうか。もしまだお忙しいようでしたら、BBSにでも書いていただければ皆で相談の上、スケジュール替えますが……。
| 華氏451度 | 2006/12/20 2:12 AM |

「華氏451度」さん

いつもありがとうございます。
コラムの件ですが、大丈夫です。現在も(たぶん来月半ばぐらいまで)、嫁さんの実家と行きつ戻りつの状況なのですが、子どもの笑顔にパワーをもらって、頑張っていこうと思っています。

「華氏451度」さんも、「健康に悪い」ことばかり続いていると思うのですが、どうぞご自愛くださいませ。
| kikyo | 2006/12/20 9:18 AM |

コメントする









http://kikyo19.jugem.jp/trackback/128
トラックバック
校内暴力について
校内暴力校内暴力(こうないぼうりょく)とは、学校内で行われる暴力のことである。概要校内暴力には、学校における生徒間の暴力事件や、教員に対する生徒による暴力行為、学校内の器物破損、その他の問題も含まれる。特に、日本で「校内暴力」という場合には、主として
| 学ぶ・教える・教育についての言葉 | 2007/02/23 11:46 AM |