07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「自由」への道 【序】 : main : 血の絆 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
「狂乱の宴」を継ぐ者
安倍晋三による孤独な自滅の舞……「狂乱の宴」は、最期まで醜態を晒し続けた卑劣男の薄汚い自己憐憫で覆われたままに、「一旦」は終焉を迎えた。



<安倍首相辞任>緊急会見で話した内容の全文掲載

安倍晋三首相は12日午後2時から首相官邸で緊急に記者会見し、辞意を表明した。安倍首相は会見の中で、民主党の小沢一郎代表に党首会談を断られたことが辞意を固めたきっかけのひとつであることを明らかにした。安倍首相が話した内容は、以下の通り。
 ◇ ◇ ◇
本日、総理の職を辞するべきと決意をいたしました。7月の29日、参議院の選挙が、結果が出たわけですが、大変厳しい結果でございました。しかし厳しい結果を受けて、この改革を止めてはならない、また戦後レジームからの脱却、その方向性を変えてはならないとの決意で続投を決意をしたわけであります。今日まで全力で取り組んできたところであります。
そしてまた先般、シドニーにおきまして、テロとの戦い、国際社会から期待されているこの活動を、そして高い評価をされているこの活動を中断することがあってはならない、なんとしても継続をしていかなければならないと、このように申しあげました。国際社会への貢献、これは私が申し上げている、主張する外交の中核でございます。この政策は何としてもやり遂げていく責任が私にはある、この思いの中で、私は、中断しないために全力を尽くしていく、職を賭していく、というお話をいたしました。そして、私は、職に決してしがみつくものでもない、と申し上げたわけであります。そしてそのためには、あらゆる努力をしなければいけない。環境づくりについても、努力をしなければいけない、一身を投げ打つ覚悟で、全力で努力すべきだと考えてまいりました。
本日、小沢党首に党首会談を申し入れ、私の率直な思いと考えを伝えようと。残念ながら、党首会談については実質的に断られてしまったわけであります。先般、小沢代表は民意を受けていないと、このような批判もしたわけでございますが、大変残念でございました。今後、このテロとの戦いを継続させる上において、私はどうすべきか、むしろこれは局面を転換しなければならない。新たな総理のもとで、テロとの戦いを継続をしていく、それを目指すべきではないだろうか。きたる国連総会にも、新しい総理が行くことが、むしろ局面を変えていくためにはいいのではないか。また、改革を進めていく、その決意で続投し、そして内閣改造を行ったわけでございますが、今の状況でなかなか、国民の支持、信頼の上において力強く政策を前に進めていくことは困難な状況であると。ここは自らがけじめをつけることによって、局面を打開をしなければいけない。そう判断するに至ったわけでございます。
先ほど、党の五役に対しまして私の考え、決意をお伝えをいたしました。そしてこのうえは、政治の空白を生まないように、なるべく早く次の総裁を決めてもらいたい、本日からその作業に入ってもらいたいと指示をいたしました。私としましても、私自身の決断が先に伸びることによってですね、今国会において、困難が大きくなると。その判断から、決断はなるべく早く行わなければならないと、そう判断したところでございます。【2007.9.12 毎日新聞】


結局は、自国民の生命/財産を守ることよりも、自国民の生命/財産を米国へと無条件で差し出すことこそ本来の「美しい日本」であると妄信する飼い犬/安倍晋三ならではの無残な末路といえよう。

時あたかも「9.11テロ」から6年。
従属国ニッポンの馬鹿政治屋どもがしたり顔で放言する「テロとの戦い」という虚妄については、前項『「自由」への道-1-』の中でも若干述べたが、帝国アメリカの単独覇権主義の尻馬に乗ることこそ「リアル」な政治であるという幻想に埋没している限り、安倍晋三の後を誰が継ごうが結果は眼に見えており、延々と殺戮の片棒を担ぐ此の国に「平和な未来」を望むことなどできない。

「決断はなるべく早く行わなければならない」という唖然とする戯言を嗤うことは容易いが、安倍晋三一派が為した「教育基本法」改悪、「憲法改正手続法」制定等の暴政/愚政の数々は、今後も我々の生活に直結して其の巨悪を剥き出しにするのである。

すべてを放り投げ逃亡した安倍晋三の影を踏みつけ、薄笑いを浮かべた天皇主義者麻生太郎が立ち現れているようだが、混乱/混迷する状況を「好機」と捉えて更なる「国民」の愚弄を目論む次なる愚劣政治屋の登場を許してはならない。

Existenzialismus : comments(0) : trackbacks(6) : kikyo
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
コメントする









http://kikyo19.jugem.jp/trackback/147
トラックバック
安倍晋三首相が辞意表明!【動画ニュース】
安倍晋三首相は12日、与党幹部に対し辞意を伝えた。首相は午後2時からの緊急記者会見で辞任の決意を述べた。安倍晋三首相の辞意表明記者会見を動画ニュースとともにまとめてみました。
| 安倍晋三首相が辞意表明!【動画ニュース】 | 2007/09/12 5:03 PM |
麻生太郎でマンガ・アニメ銘柄上昇
安部首相のニュースがいっぱいでていますが、その中でひとつ面白い話がありました。 <安倍首相辞任>マンガ・アニメ銘柄上昇 東京株式で珍現象
| 日記 よもやま話 | 2007/09/12 9:02 PM |
麻生太郎 総理大臣就任
麻生太郎が内閣総理大臣に就任。首相の経歴(プロフィール)や画像など
| 漫画好き? | 2007/09/12 11:28 PM |
東国原知事/これから地方分権推進に本腰を入れる時なのに
安倍総理辞意表明に対するコメント要旨
| 東国原式。ひがしこくばるしき。 | 2007/09/13 12:45 AM |
電子投票は慎重に検討すべき。民主主義の不完全な今の日本での拙速な導入を強くいましめたい。
今国会で審議されている、そのわりには新聞であまり詳細な報道を見ない電子投票について考えるとき、大前提となる私の認識は、「日本では...
| 村野瀬玲奈の秘書課広報室 | 2008/01/06 2:12 PM |
不正を生む可能性が少しでも残る投開票方法の拙速な導入は民主主義に仕掛けられた時限爆弾です (電子投票をめぐって)
前回に続いて、選挙制度というか投開票方法を不正や誤りの入りやすいタイプの電子投票にしては絶対にいけない、というお話を続けます。投...
| 村野瀬玲奈の秘書課広報室 | 2008/01/06 10:59 PM |