09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< Kind of JAZZ : main : SHELL >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
生と死の幻視が導くもの
下記記事に関しては、五十嵐仁氏による秀逸な小論があるのだが、遅まきながら私の思うところを綴ってみたい。

自衛隊・変わる現場から:/上 イラク派遣 「1センチ」の重圧
◇「引き金の人さし指が歴史を変える」

玄関から一番遠い部屋の押し入れ下段に「三点セット」はあった。笑顔だらけの記念写真が張りつけられたアルバムと大学ノート、そして白木の箱。ノートの表紙には端正なフェルトペンの字で「サマワ日記」と記されている。第1次イラク復興支援群で警備小隊長を務めた門馬有道さん(54)=北海道名寄市=は、昨年12月に陸上自衛隊を退職した今も夜中に独り、三点セットを取り出す。
白木の箱は命を落とした時、遺骨を入れてもらうつもりで自作した。遺骨回収さえできない事態に備えて髪やツメも入れておいた。その小さなビニール袋も、もはや必要ないが、捨てられない。門馬さんを訪ねたのは退職前に続き2度目だ。あの箱をどうしているのか、知りたかった。陸自は昨年2月、初めて「戦地」であるイラク南部サマワに部隊を派遣した。その最前線に、定年間際の幹部が派遣されることは特例中の特例だった。気負いもあっただろう。前回、「サマワでは、ためらいなく銃を撃てますか」と聞くと、制服姿の門馬さんは「状況によります」と模範回答を返した。そして今回、あえて同じ質問をした。門馬さんはまっすぐこちらを見て言った。
「日記開きながら思い出すんですよ、隊員によく言っていた言葉。『引き金を引くお前らの人さし指の1センチが、自衛隊の、いや世界の歴史を変えることになるんだ』って」。戦地にいた現場指揮官の苦悩が垣間見えた。そしてこう打ち明けた。「(サマワのある)ムサンナ県庁周辺で警備に就いたけど、何十人という群衆がどこからともなく集まってきた。この中に一人でもテロリストがいたらどうなったか。とにかく私は警備小隊長として、部下より早く引き金を引かねばと思っていた。そうしないと後で部下が責められる」
■   ■
政府がイラク派遣を決める直前の03年春、陸自はきわめて慎重だった。だが、日本を「有志連合」に引っ張り込みたい米側の圧力は強かった。検討に時間がかかる陸自にしびれを切らした米高官が「陸自はいやいやながら(reluctant)なんだな」と言った。その言葉を高級幹部は忘れられない。臆病者と言われているように聞こえたのだ。そして陸自は、米軍と距離感を置く戦術を選択する。首都から遠く離れた南部の平穏な小都市サマワ派遣となったのはその表れだ。サマワの陸自隊員は他の多国籍軍と異なり国内と同じ深緑色系の迷彩服を着用し、胸や背中にひときわ目立つように「日の丸」を縫い付けた。結局、「違いを見せ付けることが最大の安全策」(陸自幹部)だった。
■   ■
派遣からまもなく2年。来月14日には、派遣期限を迎える。派遣延長について毎日新聞の世論調査では「反対」が70%に達したが、延長は確実視されている。
同じイラクにいる米英軍との違いについて、防衛庁幹部は「役割が違う。他国軍は『治安維持』であり、こっちは『人道復興支援』だ」と強調する。だが、宿営地を狙ったロケット弾などの攻撃はこれまで計10回。政府がいくら差異を言い募ろうと、イラク国内に自衛隊を米英軍と同一視する勢力がいることは間違いない。門馬さんは帰国後、白木の箱にサマワで胸に付けていた「日の丸」を入れた。まるで大切なお守りのように。自衛隊の完全撤収はいつになるのか。派遣期限は近づく。
【毎日新聞 2005.11.17】


当たり前だが、戦場では「殺すか、殺されるか」しかない。
愚弄政権が捻出した「人道復興支援」という名の愚劣なる詐術と偽装された「大儀」によって遠きイラクの地へと「派遣」された自衛隊員らの心情について、「安全」なる日常を生きるこの国の人々が深く思い至ることなど到底不可能であろう。

「サマワでは、ためらいなく銃を撃てますか」という記者の質問について、現地指揮官は“「状況によります」と模範回答を返し”、帰国後の同じ問いに対しては“「(部下の)隊員によく言っていた言葉。『引き金を引くお前らの人さし指の1センチが、自衛隊の、いや世界の歴史を変えることになるんだ』って」”と、その揺らいだ心の動きを伝えている。
そして“「とにかく私は警備小隊長として、部下より早く引き金を引かねばと思っていた。そうしないと後で部下が責められる」”とも答えている。

自らが「幸運」にも「引き金を引く」結果とならなかったという安堵故の吐露なのだが、仮に今から後、人間に向けて「引き金を引く」状況を現実にむかえた場合、彼らは一瞬の戸惑いの後には己の生命を守るという防衛本能のみに突き動かされてひたすらに銃を撃ち続けるだろう。

そこには「人道復興支援」というまやかしも、“部下より早く引き金を引かねば”という「綺麗ごと」も、この国が先の大戦後一度たりとも軍隊による人殺しを行なわなかったという「歴史」も、すべて無縁であり、嘗て無いほどの恐怖と絶望のままに、「殺される」よりも前に「殺す」という只そのことのみに身体は俊敏に反応し、殺傷兵器を「敵」に向け続けるだろう。但し、建て前としての任務のみを全うすべく、部下を「見殺し」にしてまで武器を使用させない上官が仮にも存在するのなら話は別であるが、どちらを選択するにしろ、この国の未来を根源から覆すことに違いは無い。

自ら「志願」したが故に、その先にある暗い「未来」を引き受けなければならないのは彼ら自身の責任ではあるが、一瞬先に待ち受ける「戦闘」「死」への底知れぬ不安は、泥沼化したイラク情勢と相まって日々「恐怖」へと直結し、絶えがたき「絶望」へと変貌して、その信念を揺るがせるだろう。そこには愚劣なる米国盲随者どもの「政治的」な思惑が入り込む余地など一切無く、人間として生きる尊厳を破壊する「暴力」のみ蔓延った戦場の酷さを眼前にして「逃げだしたい」という葛藤に打ち勝つための果てしない自己拘束が、撤退のその日まで続いていく。

さらに帰国後も「現場」を知らぬ独裁政権並びに売国的マスコミ、反動知識人、無知なる大衆によって、自らの生命と愛する家族の未来が更なる「絶望」に苛まれていることに更なる恐怖感を覚えたことだろう。
生きて帰ることができたのは、単に「幸運」であったに過ぎないと。

「臆病者」と米高官に揶揄されたと劣等意識剥き出しの「高級幹部」は人心無き下劣野郎に過ぎず、結果的に“米軍と距離感を置く戦術を選択”した陸上自衛隊、つまりはコイズミ・ファシスト政権は“違いを見せ付けることが最大の安全策”をとったと見え見えのポーズをとるが、それは派遣する自衛隊員とその家族、無知なる大衆へむけての偽装に過ぎず、ボスの米国政府に対しては他国と変わらぬ「軍隊の派遣」であることを公然と示し断行する。二重の詐欺によって国内でも国外でも羞恥心無き頓馬国家を披露し嘲笑を浴びるのは毎度のことではある。


「お守り」のように胸に縫い付けたという「日の丸」こそ、過去の戦争における血塗られた記憶の墓標であり、何れは独裁政権による蒙昧なナショナリズム高揚策によって復権し、もはや消滅している「違い」を見せるどころか、その「日の丸」こそを標的とした銃弾が撃ち込まれる日が近々到来することはコイズミ党に盲随する愚かな大衆を除いては明らかなはずである。

現地指揮官は部下に引き金を引かせるか否かに苦悩することよりも、いかに「死」を恐れぬ戦闘ロボットを作り出すかに腐心する日を迎えることとなる。だが、簡単なことではある。僅か60年前にこの国が経験してきたことだ。

マスコミが主導して喧伝する天皇家の跡継ぎ問題も、国家神道と天皇制、軍事力を軸とするファシズム国家体制を補完するための布石に過ぎない。
「旧宮家」の連中も、国家体制の意のままに操られていることに覚醒することもできず、歴史の闇に葬られた妄想の神話にすがりつくことでしかアイデンティティを充足できないという悲惨極まりない醜態を晒している。

幻想の「万世一系」、優生学に頼ざるを得ない旧体制勢力の残滓は、独裁政権への対抗軸となるはずもなく、刻一刻と変動する状況に対応することすら不可能な社会的遺物=異物として浮き彫りにされた差別性にのみ存在し続けている。


自衛隊・変わる現場から:/中 テロ対策 「戦場」身近に
◇「もう“ごっこの時代”は終わった」

陸上自衛隊第40普通科連隊(小倉駐屯地、北九州市)は、「近接戦闘訓練」に力を入れている。海を渡って攻め込んでくる大規模部隊を対象にするのではなく、市街地でのテロやゲリラに対処するための訓練だ。射撃訓練の距離でいえば、「200メートル」から「5メートル」へ。“大変革”の最前線に、この部隊はいる。ここでは実験的に、ほとんどの隊員がエアガンを持っている。そしていつでも訓練できるようにと敷地内に弾薬箱を積み重ねて「模擬市街地」を造り、隊員たちは時間外でも自主訓練をしている。地面に散らばる無数の白いプラスチック弾が、彼らの熱心さを物語る。使用していなかった映写講堂にベニヤ板でドアと壁を作り、突入動作の訓練場もできあがった。眼球保護用のゴーグルを着け、隊員たちは数人のチームで次々と突入訓練を繰り返した。そろりそろりと進み、正面や後方、側面を銃の先を上下に振りながら、なめるように「敵」を捜す。銃身が見えたら、撃つ−−。
「民間人と敵の入り乱れた状況で、敵だけを素早く識別して撃つという技術は、繰り返して訓練することでしか身につかない。エアガンで出来れば実銃でも必ず撃てる」と教官は断言した。「後方確認がもっと必要かでしょう!」。訓練後の反省会。陸士長が階級が上の陸曹に要求した。従来なら絶対ありえない光景だ。もし実弾で動脈を撃たれ、メディック(衛生兵)がいなければ最大7分程度しか生きられないという。いくら階級が上でも注意散漫ならチーム全員の死につながる。そのイメージが共有できるから隊員たちは必死だった。
■   ■
10年ほど前まで、教範に定められた陸自の訓練といえば、重い背のうを背負って行軍し、塹壕を掘り、銃剣を付けて突撃し、また掘った穴を埋めるという、根性や精神力が優先されることが多かった。隊員たちも、敵が本当に攻めてくるとは思っていなかっただろう。だが今は違う。明日にでも市街地テロが起きる可能性はあると真剣に思っている。身近な戦場のイメージがある。そこでは、冷戦時代に重宝された教範は何の意味も持たない。「もう“ごっこの時代”は終わったんですよ」。ある酒席で陸自幹部は言い放った。
■   ■
10月20日、これまで図上演習だけだった陸自と警察による対テロ訓練が、北海道で初めて実施された。ロケット砲などで武装した海外工作員が北海道の山間部に侵入したと想定。機動隊と陸自部隊が連携をとり、問題点を確認し合った。また、陸自は米軍との関係も深める。同月末にまとまった在日米軍再編の中間報告には、陸自の中央即応集団司令部を米軍キャンプ座間に設置することなどが盛り込まれている。キーワードは「対テロ対策」。国民の不安感を背景に、自衛隊は「実働組織」の性格を鮮明にしつつある。
【毎日新聞 2005.11.18】


「民間人と敵の入り乱れた状況で、敵だけを素早く識別して撃つという技術は、繰り返して訓練することでしか身につかない。エアガンで出来れば実銃でも必ず撃てる」


大嘘である。

“敵だけを素早く識別して撃つという技術”などいくら習得を試みようが、見知らぬ地での実戦において「敵」と「民間人」の区別などできるはずがない。ましてや最新鋭の爆撃機や砲弾等による無差別殺戮を主とする近代戦においては、「敵」の陣地だと「判断」しさえすれば、躊躇せずに攻撃するのが鉄則であろう。肉眼での瞬時の「判断」も不可能である。要は「殺すか、殺されるか」しかない。

現に、イラクの地に於いて「正義」の使者であるはずの米軍によって、罪無き人々への無差別殺戮が毎日繰り返されているではないか。

米軍、民間人のマイクロバスを銃撃か 子ども含め5人死亡

イラク中部バクバ(ロイター) イラク警察などによると、バグダッド北方約60キロのバクバ近郊で21日朝、民間人の親族団体が乗ったマイクロバスが米軍部隊の銃撃を受け、子ども2人を含む5人が死亡、4人が負傷した。米軍はこの件について「調査中」としている。
マイクロバスの同乗者がロイターに語ったところによると、一行はバグダッド北方約80キロのバラドから、葬儀に参列するためバクバに向かっていた。米軍のパトロール車両が近づいてきたため、マイクロバスが路肩に寄ったところを攻撃されたという。同乗者らによれば、負傷者のうち2人は女性、1人は子どもだった。
ロイターが取材したバクバの遺体安置所の映像には、遺族が「見てごらん、子どもたちでしょう。テロリストではないでしょう」と泣き叫ぶ姿もあった。警察によると、マイクロバスは直後に米軍が現場から撤去したという。
【CNN 2005.11.21】


テロリストと子どもの区別さえ出来ぬ殺人者が「軍人」を名乗り、「自由」と「正義」の名のもとに銃を撃ち続けているのである。無論、その最高責任者はテロの親玉ブッシュJr.であり、その忠犬コイズミだ。

愛する人の葬儀に参列することさえ叶わず、惨くも惨殺された子どもたちの未来を永遠に奪う「権利」がこの鬼畜どもにあろうはずは無い。

地獄で待ち受けているであろう悲しき屍たちの報復の恐ろしさを、いつかきっとファシストどもが思い知るであろうと、煮えたぎる怒りとともに願う私の心は、それで少しは満たされるのであるが……。


まだ、
地獄巡りは続いている。


Existenzialismus : comments(2) : trackbacks(3) : kikyo
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/03/20 7:52 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/03/23 7:45 AM |

コメントする









http://kikyo19.jugem.jp/trackback/71
トラックバック
北海道名寄市 観光地であります また陸上自衛隊の名寄駐屯地でもあり もち米生産でも有名なところです
名寄市(なよろし)は、北海道上川支庁管内の北部にある市です。面積 535.23km
| 北海道、札幌からの旅情報 | 2007/06/17 11:21 AM |
座間キャンプ
沖縄かりゆしアーバンリゾートナハについていろいろ調べました
| 座間キャンプ | 2008/08/30 1:25 PM |
メディック
日曜日の「夢の扉」見ました。今回は自衛隊の救難員メディックでした。メディックは自衛隊の中で厳しい試験を受けて合格した人だけがなれるみたいです。自衛隊にいる人なんてみんな運動神経抜群な感じがしますが、その中で試験を受けるだから、相当すごい人たちの集まり
| domuの日記 | 2008/09/18 3:21 PM |